Content コンテンツ

グループカウンセリングについて

グループカウンセリングは、「心理的安全性」を感じる場です

「心理的安全性」とは、「自分の意見や気持ちを安心して表現できる状態」の事を指します。

人は困難にぶつかったり、不安になったり、何らかの出来事によって自信を失った時、「こんな自分ではだめだ」「自分は周囲に受け入れられる存在ではない」「本当の自分を誰かに受け入れられる訳がない」・・・というように、自分自身を否定したくなることがあります。

そんな時、本来の自分を取り戻すために絶対的に必要なのは、この「心理的安全性を感じる場を持つこと」です。

心理的安全性を感じる場でありのままの自分の感情を表現し、それを受け入れてもらう経験をすることで、「自分には価値がある」そう思えるようになるのです。

私自身、カウンセラーやグループワークで出会った仲間に受け止められ、認められる経験をすることで、人生を変える大きなチャレンジにも挑むことができました。

グループカウンセリングの場が、参加者の皆様にとって安心・安全な場となり、自分に自信を持って様々な事にチャレンジできる場となるよう、温かい雰囲気を心がけています。

グループカウンセリングではどんな事をするの?】

グループカウンセリングは、今自分が感じている事を話したり、悩みを参加者の方々に聴いてもらったり、同じような悩みの方と気持ちを共有する場です。

絶対に何かを話さなければいけないという事もないし、誰かにアドバイスをしなければいけないという事はありません。

例え話を聴いているだけだったとしても、他の方々の悩みを聴いたり一生懸命に生きる姿を見ることは、自分自身にとても大きな影響を与えます。

また、その時々のお悩みによってはみんなでワークをしたり、心理学の講義をすることもあります。

正直、グループカウンセリングの場でしかできない話もあり、「今ここで・このメンバーで」しかできない事を大切にしています。

【3つのお約束

グループカウンセリングの場での「心理的安全性」を大切にするため、参加者の方々には3つのお約束をお願いしています。

多様性を尊重します

育った環境も感じ方も人それぞれ。「人と違うこと」が当たり前であるという視点を持つことです。

自分が人と違うことを恐れなくてもいいし、違う人を攻撃する必要もない。違うからこそいいんだよね、という視点を持って参加しましょう。

・お互いの幸せを願います。

参加者の話を聴いていると、時には羨ましいと感じたり、イライラすることもあるでしょう。そんな気持ちを否定する必要は全くありませんが、自分と参加者の幸せのために参加している事を忘れないようにしましょう。

・内容によってはここだけの話で(守秘義務について)

「この場だからこそ」話せることがあります。参加者のプライベートな話は、口外しないようにしましょう。

グループカウンセリングに参加できる方

・18歳以上で、ルーチェで一度でもセッションや講座を受講された事がある方

・上記の3つのお約束を守れる方

【料金】

初めての方1000円

2回目以降3000円

※グループカウンセリングは、LINEに登録されている方にのみご案内しております。

お問い合わせ・ご質問等はLINEより直接合問い合わせください、