Content コンテンツ

辛い出来事を乗り越えたい!そんな時の3つのポイント

人生において、逆境や辛い状況に陥らない、という事はありません。

今、あなたから見ると「とても順調そう」「毎日幸せそう」「生き生きしていて羨ましい」

そう見える人にも、辛い時期や逆境はもちろんあったのです。

そして、逆境にいる渦中では、ついつい自分や相手を責めてしまいがち。

そのことが、状況をさらに悪化させてしまうことに繋がってしまいかねません。

では今の状況をどう捉えると、苦しい状況からいち早く抜けることができるのでしょう?

今日はそのポイントについて、3つに絞ってお伝えしたいと思います。

「新しいステージ」に向かうためのステップと考える

分岐点
会社にいるパワハラ上司に怒鳴られ、憂鬱の日々・・・。
「なぜ自分がこんな目に遭わなければならないのか?」
「あの人さえいなければ、自分はこんなに苦しまなくて済むのに・・・。」
そんな気持ちになってきますよね。

「もう耐えられない!」あなたは一大決心をして、会社を辞めることにしました。

辞めた当初は、自分が負けたような気持ちになり、悔しくて、情けなくて・・・
そんな思いに駆られるかもしれません。

ただ、後で考えてみると、「今、自分が好きな仕事ができているのは、あの時会社を辞めたからだ」
そう思える転機だった事に気づきます。

というような話は、よくあることだったりします。

つまり、当時の嫌な上司は、「あなたがもっと自分に合った環境に行くために現れてくれた」「背中を押してくれた」存在だったということです。

このように、逆境にいるときには気付けなくても、「この状況は必ずプラスに変わる」
という思いを自分自身に持つことは、とても大切な事になります。
そして、その思いを持つことが、本当に「災い転じて福となる」になるのです。
どうかそのことを、忘れないでほしいと思います。

「どんな学びがあるのか?」を考える

考える 男性
先程の上司の例で考えてみましょう。
「パワハラ上司に悩む日々から学べること?そんな事あるわけないでしょ!」
と思われるかもしれません。

ただ、人は逆境に立たされた時にこそ、自分を振り返るチャンスなのです。

例えば、そういえば常日頃から自分の言いたい事を相手に伝えず、
相手の言いなりになってきたなあと言う方は、
「自分の意見を適切な形で伝える」という事ができるようになるために
起こっていることかもしれないし、

今まであまり人に頼ることをせず、ガッツと根性で乗り越えてきた、
という方にとっては、「辛いから助けて欲しい」と誰かに助けを求めることが
必要だから起こっているかもしれない。

また、「嫌いな人と距離を取ってもいい」と自分に許可を与えることが必要かもしれないし、
「嫌な事からは逃げてもいい」という事を学ぶために起こっているかもしれない。

このように、自分自身が出会う人、環境を全て「自分の成長のために起こった」と解釈できるようになると、
ピンチをチャンスと捉えることができるようになります。

「どんな事もプラスに変えてやる!」そんな気持ちで、一度ご自身を振り返ってみて下さいね。

「自分のせいで起こった」と捉えない

責める 女性
私は10年以上、心理カウンセラーとして働いていますが、
「自分が悪いからこんな事になった」と自分を責めておられる方は、
非常に多いと感じています。

確かに、「あの人が悪い」「相手が悪い」と考えるよりは、自分が原因と考え、
自分を変えたいと思われる方の方が、はるかに成長のスピードは早いです。
ただ、あなたが悪いから起こったのではない、という事をいつもお伝えしています。

逆に言うと、「乗り越えられない試練は起こらない」とも言えます。
あなただから、乗り越えられるから、今の状態があるし、
乗り越えた先には、今よりも素晴らしい世界が待っています。
自分を責めるのではなく、「自分が更により自分らしく生きるために起こっているんだ」と捉えるようにしましょう。

辛い時に一番にする事は、「気持ちを吐き出す」こと

手と手を取り合う
辛い時を乗り越えるための3つのポイント、いかがでしたか?
「頭ではわかっているけれど、気持ちが追いつかない、とてもそんな気になれない・・・。」
そんな風に思われる方もいるかもしれません。

そんな風に感じることは、自然なことです。
今のあなたが前に進むために必要な事・・・それは、
「ありのままの気持ちを吐き出す」という事です。
人は、感情を見ないようにしたままでは、前に進むことはできません。

あなたを否定しない、安全な場で、あなたが話したいだけ、話を聴いてもらって下さい。
今回の困難からさらに飛躍するためには、できれば心理カウンセラーなどのプロの力を借りた方が良いでしょう。
話す=放すです。
自分の気持ちをしっかりと感じることで、感情を浄化させることができ、
次のステップへ進む気持ちを持つことができます。
まずはしっかり自分の感情を出すこと。
そこに取り組んでみて下さいね。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。